パーソナル・コーチングを受けたお客様の声

兵庫県 Y.Hさん(女性)<3 weeks Detox Program>

今回の目標:肝臓にやさしい活動をすることと体重と落とすことの二つでした。肝臓が良くなったかどうかはわかりませんが、毎朝、体が軽くて疲れが取れている感じがわかりました。睡眠時間が通常よりも短い傾向にあったのですが、睡眠が短くても体の疲れはすっきり取れている感覚がありました。多分、臓器が寝ている間にゆっくり休んでいたせいなのかなと思っています。もう一つの目標の体重もほぼ4キロ減で達成できました。もう少し続けたらもっと落ちるかもしれませんが、とりあえずの結果としては満足です。

自炊を毎日しないといけないので、続けられるか不安でした。いつも疲れたり会社からの帰りが遅くなると、お惣菜をつかっていたので。また、自分が作っている料理は肉や卵を使う料理が多く、また調味料やだしも塩入りが多かったので、いつもの調味料が使えず、何を使ったらいいのかがわかりませんでした。野菜やフルーツはもともと好きなので食べることに抵抗はなかったのですが、毎日の自炊が習慣づけられるかが本当に不安でした。

やはり完全自炊は今も面倒だなと思います。ただ、デトックス中は外食やお酒を飲まなかったので、家にいる時間がいつもより長かったので、比較的自炊しやすい環境でした。あと、後半に入ると、どんな料理をしたらいいのか段々わかってきました。あまり悩む必要がなくなってきたのも助かりました。

また、母と夫が協力してくれて、特に初期は自炊の習慣もなかったので、母がご飯を用意してくれて助かりました。私がスープを作っておくと、家に帰ったら母がプラスアルファの塩抜き野菜料理とフルーツを用意してくれていました。徐々にそのスタイルに慣れたので、2週目からは母がいなくなったのですが、サイクルと食べるものがだんだんわかってきて楽にできるようになりました。

最初は雲をつかむような食生活でした。でも、富田さんのアドバイスに従いながらやっていくと、いつの間にか乗り越えてました。日々のコーチングはわかりやすく、また知らないこともいろいろ教えてもらってよかったです。これまでの食生活によって、食べたいものが変わってくることなど、不思議でした。

私がりんごやブドウが好きで、主人は柑橘系が好きだったのですが、それは私たちの今までの食べてきたものの結果だということに驚きました。確かに、私は肉が好き、主人は魚が好きです。

そして楽しかったのは毎朝体重計に乗ると、徐々に痩せていったこと。たまに停滞することがありましたが、初めてすぐにストンと体重が落ちたおかげで、落ちた体重を戻したくないし頑張りました。特に、初めて二日目、三日目が普通のご飯が食べたくてきつかったのですが、体重が落ちたおかげでやめる気になれず、続けられました。

朝起きた時の回復感が特に3週間目くらいから感じられました。おなかに何も入っていない状態で寝るせいか、眠りの質がすごく高くなっていた気がします。

今回は無事に3週間終えることができて、本当に達成感たっぷりです。しかも、もう少し続けてもいいかな、と思えるくらい習慣づけられました。富田さんの丁寧なコーチングのおかげです。あと、レポートを書かなきゃ、という義務感も後押ししてくれました(笑)。体にいいことを達成できて、嬉しいです。ありがとうございました。

 

愛媛県 Mさん(女性)<3 weeks Detox Program>

知人がデトックスプログラムを始めるというので、「私もやってみようかな」と、いわば乗っかりデトックス。
冬の間、仕事が忙しかったこともあり、食生活が乱れていて、体脂肪もつき気味。椅子に座っていることが多い仕事なので、運動があまりできなくて腰も痛かった。体重も減らし、腰痛も改善できればと思い取り組みました。

あまり料理が得意ではないので、“料理をする”ということをあまりプレッシャー に感じずにやる方法、
さらにマイペースでやる方法として、昼だけは普通の食事にしようと思っていました。
なので、あまり不安はありませんでした。ただ、お酒が好きで、ほとんど毎晩といっていいほどワインや日本酒などアルコールを楽しんでいたので、デトックス期間中の3週間はちょっと寂しいかなと心配でした。

朝の「りんご&バナナ&紅茶」たっぷりもおいしかったし、小腹がすくたびりんごを食べたい放題食べていたし、また夜は野菜ばかりでも味のバラエティーはしっかりある料理を恵美先生の指示どおり「満腹の向こう側」まで食べたので、楽しいデトックス生活でした。それから、お酒ストップは全く問題ありませんでした。「やる気」になれば全然OK。

コーチング内容はとても分かりやすかったです。なぜ水分が必要か、なぜ野菜が必要か、またその時々で自分が欲している野菜を 知ることは自分の身体を知ることだということを非常に論理的に教えてくれたので、やりすすめていくたびに納得、の毎日でした。
今回のデトックスで私の場合、やり始めた2日目くらいに膀胱炎気味の症状が出ました
普段から膀胱炎気味の体質なんですが、「ああ、これは排毒症状なのだな」と実感し、水分をどんどんとりました。翌朝は症状はすっかり消えていました。

このように、どこか体調に違和感が出るということは、「身体が教えてくれている」ということなんだなと改めて思いました。あと、3週目は一日に3回の排便があるなどどんどん何かが出ていく。。。という感覚がありました。結果、体重は2.5kg減。腰痛もかなり改善されました。(“かなり”というのは、やはり運動する時間があまり取れなくて、全体的に体力が落ちているのもあるからだと思います。恵美先生に、“適度の運動(お散歩程度)が必要”と言われてたのに、ここは守れなくて反省。仕事がやっとひと段落ついたのでこれからウォーキングやります!

あと、味覚が鋭くなったような感覚があります。
デトックス明けに大好きだった日本酒をちょこっとだけ飲んでみたのですが、アルコールがキツイ感じがしてあまり飲めませんでした。身体は正直。身体は私のパートナーなんだな~、大事にしてあげなくちゃ、と改めて思いました。

デトックス期間中、恵美先生に、塩分の入っていないおいしい調味料をいくつか教えてもらったので、大変助かりました。今後もおいしい調味料や食材が見つかったらぜひ教えてください。

食事の量を制限、運動など、今まで何度かダイエットをしたことがあるんですが、今回のデトックスはやせ方が全然違うな~と思いました。内臓脂肪がとれていくというような感覚がありました。今までのダイエットではなかなか取れなかった胴囲の脂肪が格段に落ちました。

あと、食事の好みが変わりました。野菜のおいしさ、野菜のスゴさを実感したので、これからも野菜中心の食事を続けていきたいと思います。

で、外食などが続く場合も仕事柄あったりするので、そんなときは恵美先生にアドバイスいただいた、週末デトックス、などを取り入れて、自分自身で最も心地よいと感じる身体と、ずっと付き合っていきたいと思います。

 

愛媛県 I・Kさん(男性)<3 weeks Detox Program>

目標の達成としては、食を改善して、体調を良くする。という点では、十分 に達成できた。体重も3週間で6キロ減が出来ました。
デトックス中の無塩にした時の食事が食べれるか(味の点で)心配でしたが、無塩でも十分美味しく食べれるこ とが解りました。

それは舌の感覚が敏感に戻るために、素材 本来の味が解るようになり、今まで調味料に依存してき たことを理解できま した。そこが理解できると素材の選び方や調理方法を工夫するようになり、楽 しく過ごせました。体調にもリアルタイムに現れるので、わかりやすいです。
コーチング内容はたいへん、わかりやすかっ たです。自分の体と対話すること。表に出てくるサインを良く観て、その時に体が必要とする ものを食べることが 大事だと学びました。数値だけの栄養素だけでは、体は良くならないですね。
今後、自分のように食について再認識する人が増えると 素敵だと思います。

 

東京都 O・Rさん(女性)<Personal Coaching/1. Basic + 2. Follow up>

元々 の目標は「薬(便秘薬)を使わなくても、便秘にならない体質になりたい」でした。まだコーチングを始めていただいてから3週間ちょっとですし、週末などに は自分が外食して食生活を乱してしまうこともあって、完全に解消はしていません。でも、教えていただいたような方法の食生活を数日連続して心がけると、自 然のお通じを実感できるようになったので、目標達成に向けて着実に前進中だと思います。

① 薬(便秘薬)を使ったり、ジュースデトックスしたりしなくても、本当に便秘が解消できるのか。②いろんな便秘対策方法がネットや雑誌に書かれているが、ど れを信じて取り入れたらいいのか分からない。富田さんに教えていただける方法だけに頼ることができればシンプルでアクションも取りやすくなると思うが、富田さんの考え方は私に合うだろうか、というのが疑問でしたが、解消されました!

① 教えていただいた食生活を数日実施したら、薬を飲まなくてもスムーズな便通を毎日取り戻すことができました。②今まで私が取り入れてきた間違った便秘対策 (繊維をたくさん取るとか)がなぜ自分にはあっていないのかとか、薬に頼るクセをつけてしまうと腸がなまけて自分では動かなくなるとか、なぜ肉などが便秘を引き起こす のか、等、私が今まで知らなかったことをロジカルに教えてくださり、この方を信じて委ねてみたい!と最初にお話した時すぐに感じることができました。ま、 「私がどういう生活をしたいのか」「ゴール設定は自分次第だ」とおっしゃってくださり、私の生活や価値観を尊重しつつも重要なポイントを押さえてくださる というスタイルで、何かを強制したり無理強いすることなく、私の主体性やモチベーションを引き出してくださるやり方で、私に合っています。


コーチング内容はとても分かりやすいです。ロジカルな理由を、しかも専門的すぎる言葉等を使わずにシンプルに教えてくださって、色んなことで目からウロコ状態です。


①野菜・フルーツを極力多くすること(まだ私は5割くらいですが、最終的には 8割を目指そうということ)、水分をたっぷりとることが基本であること。②アルコールは 体の水分を奪うのでよくない、ということ。③便秘の状態で不溶性の食物繊維を摂取しても、便秘解消には効果がないこと。④肉類は、人間の体温レベルだと固形状態なので、腸内でもどろっと硬い状態になってしまい便秘の一因になること。⑤便秘薬に慣れてしまった腸は自力で排便する力が弱まり、薬を飲まなければ 動かなくなり、さらには薬の服用量もどんどん増やしていかないといけなくなる。などなどです。


まだまだ始めたばかりなので、継続的に「この食材はいいのか」「どうやって取 り入れたらいいのか」「私のコンフォートフードとは何か」等を質問させていただきたいです。また、野菜、豆等の食べ方のバリエーションを広げるためにレシ ピなども知りたいので、ブログをチェックさせていただきます!

兵庫県 U・Yさん(女性) <Personal Coaching/3. Advanced – 1 week Detox>

目標はメンタルの安定で、達成度は感触をつかめました。

参加前にタンパク質は?栄養の偏りは大丈夫?と不安に感じていましたが、丁寧で根気良く寄り添いながらのアドバイスで不安は解消されました。
コーチング内容はわかりやすいものでした。疑問点に対してすぐに返答をくださいました。

食べ物が自分のメンタルに与える大きな影響について学ぶことが出来ました。
一週間という短い期間であるにもかかわらず、自身の体調、メンタルの変化に毎日驚きでいっぱいでした。特にすごいなぁと 実感したのが、仕事で身体を動かした後の、腰痛の改善。富田さんのアドバイス通りにストレートのリンゴジュースをたっぷり飲んだところスーッと痛みが引いたいったこと。身体の毒素を出す、ということの大切さを感じました。

今回の目標であったメンタルの安定については、週末のデトックス中のメンタルの安定度に嬉しくなり、長期的にセレーフードを食事の中に採り入れていくことで、長期的な安定を計っていけたらと感じました。本当にありがとうございました!

 

★パーソナルコーチング:お申し込みからプログラム開始の流れ

★パーソナルコーチング:お申し込みフォーム