Shop Info

Shop Info

ガラス食器は夏のもの、と思っておられませんか?

世界各国のリゾート地だけではなく、ヨーロッパやアメリカでは前菜のオードブルからお食事最後のデザートまでを「ガラスのテーブルウェア」と「陶器」を使って1年を通して演出するのが主流です。日本でもフレンチやイタリアンだけではなく、和食のお店などでも最近はよく使われるようになりました。

「レストランやホテルでサーブされるような雰囲気を持ったお皿を、お店だけではなく、ご家庭でも楽しめたら・・・」という想いを持ち、日本ではまだほとんど取り扱いがないバリ島在住の日本人ガラス作家・鳥毛清喜氏のガラス製品を中心に、毎日の暮らしをセンスアップさせるインテリアをご紹介するためにSEREH<セレー>・オンラインショップを2008年12月に立ち上げました。

バリスタイルのインテリア

SEREHの商品・特徴

リゾート地の一流ホテルやヴィラなどで、インテリアコーディネーター、ゼネラルマネージャーが実際に買い付けてゲストルームで使っている、ハイセンスで「リラックス空間を演出できるもの」をご紹介いたします。

    + 世界的ガラス作家、鳥毛清喜さんのテーブルウェア
   + オランダ系ジャワ島出身のデザイナーによる、バティックを使ったインテリアボックス

を中心に、セレクト。 どの商品も主な特徴は、「手仕事もの」

ワンランクアップした空間を演出するのが得意なデザイナー&作家の、ひとつひとつ丁寧に作られた「ハンドメイド」のものばかりです。
作家から、ひとつずつの作品にこめられた、使っていただくお客様への「心地よさを追求する想い」を一緒にお届けしたいと思っています。

鳥毛ガラスバティックティッシュボックス鳥毛ラウンドプレート

バティック・インテリアボックスとの出会い

バティックジュエリーボックス

バリで買い付けをしている途中にふらっと出会った、このジュエリーボックス。
思わず「素敵!!!」と一目ぼれしてしまいました。

正直、このボックスに出会うまでは「バティックを使ったもので・・・」なんてこと、考えもしていませんでした。でも、出会ってしまったのです。そして同じデザイナーが作るティッシュケースもありました。

バリのハンドメイドのものって本当にピンからキリまで。
「こんなものか・・・」と思ってしまうものも、沢山あります。

でも反対に「これ!欲しい!!品質も最高!」と思えるものに出会うことは、沢山はありません。
その中で、素晴らしい質・造り・バティックを使ったアイデアに心をガッシリ!とつかまれました。
こんなに西洋とバリの文化がミックスされた、上質のプロダクトは初めてでした。

デザイナーの彼は、ジャワからバティックを仕入れ、オールハンドメイドでボックスを作っているのです。その彼と、日本の家庭のインテリアではどんなものが映えるかを検討し、日本のティッシュボックスのサイズに合わせてサンプルを造ってもらいました。
同じくジュエリーボックスも!とお願いしたのですが・・・。

どうしても質を重視するので、ジュエリーボックスに関してはお値段が高く、商品化するのは難しい・・・と判断しました。

でもティッシュボックスなら!と、交渉、相談、いろいろ話あいながら・・・。
やっと出来上がったのがこちら。SEREHのオリジナル商品、第一号!でした。

バティックティッシュボックス

トップはFauxレザーのブラウンカラー、トップ部分をとって中にティッシュボックスを入れます。
バティックの雰囲気もシックで、全体の雰囲気がダークブラウンの家具をお使いのご家庭にぴったりだと思いました。
我が家にあるティッシュケースもこちらです。

バティックティッシュボックス内柄

トップの裏側までしっかりとバティックを張って、ラグジュアリー感をバッチリと。

スミからスミまで、しっかり見ても本当に造りがしっかりしていて、素晴らしい出来栄えです。

バティックティッシュボックス底面

バティックは布ですので、使ううちに擦り切れを防止するため、四隅には底びょうをつけました。
ラバーで作ってありますので、家具を傷めることもありません。

バティックは日本人には「とっつきにくいかな?」と思っていたのですが、こうやってインテリアボックスとして、またはお部屋のフォーカルポイントとしてアクセントをつける役割をしてくれるので、お部屋のインテリアに動きが生まれます。特にヨーロッパやアメリカ系の方に好まれ、バリ島の高級ヴィラやホテルだけではなく、各地へ輸出もされています。日本での紹介はSEREHが初めてです。
普段使いのティッシュケースが「その機能をしっかりと押さえたままの素敵なインテリア」へと一変する素晴らしい作品です。


SEREHの由来

SEREHとはインドネシア語で「レモングラス」という意味です。

バリ島で出会ったレモングラスから受けた印象が、

「清々しい」、「心地いい」、「空間を邪魔せず、ずっと飽きない」、「ふっ、と笑顔になる」

といったものでした。

作家・デザイナーの素晴らしい感性と共に、レモングラスから受けたこれらの想いを商品を通して一緒にお届けできれば、と思っています。さわやかなリゾートアイランド・スタイル、「ワンクラスアップのライフスタイル」を楽しめるリゾートインテリアグッズをご自宅でどうぞごゆっくりお楽しみくださいませ。


- A Style for relaxing and comfort life -

バリ島のリゾートビーチ